[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
usuge-kaizen.webnode.jp

薄毛に悩む方に知っておいて欲しいこと!

薄毛に悩む人に知っておいてもらいたいことがあります。   薄毛や白髪というのは、見た目でわかるわかりやすい老化減少と言えます。   というのは、こういった髪に関する老化現象というのは、栄養素が髪にまわらなくなっているということです。   体の中で最も栄養素が回る優先順位として、髪が最も後回しなのです。   理由としては、髪というのは生命にとって直接関わりがない部分だからです。   そのため、もっと大事な部分に栄養がまわって、髪などの生命にとっては重要ではない部分には栄養素は後回しになって、必要な栄養素が足りなくなってくると、薄毛などの症状が出てくるということです。   また、栄養素は血液で運ばれるため、この血液がドロドロの状態だと、うまく栄養素は運ばれません。   そのため、普段の食生活や、生活習慣の影響で血液がドロドロの状態ん人というのは、髪の老化も早いということです。   飲みすぎ、食べ過ぎなどで内臓に負担ばかりかけていたりすると、栄養素が髪にまでまわらなくなって、老化が起こるのです。   時

...
2
育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~

シャンプーで体を洗うメリットとは?実践する人から学ぶこと

通常、シャンプー液といえば髪を洗うために使うものとされるのですが、髪だけでなく体も洗っている人 も少なからずいるようです。髪を洗うシャンプーで体も一緒に洗う、と

...
3
若ハゲ番長のAGA治療体験記【ハゲに人権はない】

AGA治療1453日目 本日の抜け毛48本&タワシ化、進行中?

どうも、若ハゲ番長です。 最近は小難しい記事が続いていましたが、今回は抜け毛とタワシ化現象と、馬油ヘッドスパについての報告です。 ではでは、参りましょう∠( ゚д゚)/   本日の抜け毛48本 本日、洗髪時の抜け毛は24本。 1日の抜け毛の半数が洗髪時に抜けると仮定すると本日の抜け毛は48本! だいぶ少ないです。 数えるのがホントに楽です(笑) 先細毛は3本だったので割合としては、13%程度。 前回よりは若干増えたものの、誤差の範囲内でしょう。 この抜け毛の状態を見る限り、ヘアサイクルは大きく改善されていると見ていいでしょう。   特にヘアサイクルが大きく改善された後は、抜け毛が極端に少なくなる傾向があります。 初期脱毛が終わったちょっと後くらいが一番、抜け毛が少ないです。 これは、初期脱毛によって休止期だった毛が強制的に抜けて、休止期の毛が少なくなるためだと思われます。 ほとんどの毛が成長期に入ってしまっているために、抜ける毛がないんですよね。 逆に3ヶ月たってからは、少し増えてくるイメージです。 ヘアサイクルについて詳しくはこちら 初期脱毛について詳しくはこちら   タワシ化、進行中 先週くらいからようやく頭皮を触った時に、チクチクという感触が出てきました。 新しい毛が生えてきたサインです。 だいたい僕は育毛剤を塗ってマッサージする時に、触診してます(笑)   手触り的にもちょっとコシが出てきたようなな気がします。 僕はヘアサイクルが改善し始めたタイミングで髪にコシが出てくることを、勝手にタワシ化現象と呼んでいます。 まだ、完全なタワシとまでは行きませんが、タワシ一歩手前まで来てる感じです。   ヘアサイクルの関係で、見た目に髪が濃くなってくるのにはどうしても3ヶ月程度はかかるのですが、髪の変化は1ヶ月目でも既に起こっています。 まず、頭皮を触った時に、チクチクと新しい毛の感触がするようになって、それから髪にコシが出てきます。 AGA治療は結果が出るまでに時間がかかるので、「本当に薬効いてるのかな?」とか疑心暗鬼になりがちですが、目に見えない変化(手触りでしかわからない変化)は、早い段階から起こってますので、こういう変化に気をつけておくと焦らず心穏やかに過ごせるかと思います。 とはいえ、やっぱり見た目に変化が出るまではなかなか力強く確信はできないかもしれません。 僕も、今でこそ「変に薬を増やすな!ミノタブは2.5mgでも十分効く!」と言ってますが、治療始めたてのときは本当に回復するのか自信持てなくて、一時期ミノタブ10mg飲んでましたからね(;´∀`) あまり人のことは言えないっていう。   と、少し話が脱線しました。   しかし、ちょっと気になるのが、生え際の部分です。 確かに生え際部分にもチクチクとした感触はあるのですが、チクチク具合が他の部分に比べると弱いんですよね。 加えて、手触りはまだ正直、そんなに強くなってないかも・・・(´・ω・`) という感じなんです。     順調にタワシ化現象が起こりつつあるので、多分、3ヶ月後には全体に髪は濃くなっていると思います。 しかし、生え際付近がどんだけ回復するか、今の時点ではよくわからないです。 チクチクはしてるので回復はしているはずなんですが、他の部位に比べると回復が遅れているかもしれません。 生え際の回復は難しいという定説通りの展開になってきております。 今後の進展に乞うご期待∠( ゚д゚)/   馬油ヘッドスパ後、明らかに髪が濃くなっている(笑) 以前に紹介した馬油ヘッドスパなんですが・・・ 馬油で育毛?頭皮に塗りたくったらかゆみが!フケが!ニキビが! 現在も、ちょくちょくやっています。 ちゃんと数えてはいないですが、だいたい週1くらいでやってると思います。   で、上の記事にも書きましたが、馬油ベッドスパ後には髪にコシが出ます。 コシが出るんですが・・・ もしかして髪増えた!?? ってくらい濃くなって見えます。 思わず鏡を二度見してしまうレベルです(笑)   いや、そんな馬油を塗って数十分で髪が増えるわけがないので、”見た目”だけなのは間違いないんですが、それでもやっぱり見た目は明らかに濃くなって見えます。 ヘッドスパ後に明らかに、髪が黒々となって、頭皮の透け感が少なくなってるんですよね。 おそらく、馬油で髪にツヤがでるために、髪が増えたように見えるのではないかと推測しています。 (もしかすると髪自体が一時的に馬油を吸って太くなっているのかもしれません)   残念ながら、寝て起きたころには馬油の魔法は解けてるんですが(;´∀`) それでも瞬間的には髪が濃くなった気分を味わうことができます。 気分って意外に大事な部分なので、余裕のある方は試してみると良いかもしれません。 直接的な育毛効果があるかどうかは不明ですが、少なくとも頭皮トラブルの改善、および予防になるのは確かです。 僕はわりと気に入っているのでこれからも続けていくと思います。 (あ、ココナッツオイルを使った場合との比較実験とかやってみても面白いかもしれません)   ちなみに、前に買ったソンバーユはまだ半分以上残ってます。 意外に長持ちするなという印象です。 コスパ良いです。 馬油はよく伸びるので、1回あたりでそんなに量を使う必要がないからかもしれません。 ココナッツオイルでも馬油に近い効果は得られるので、節約したい場合はこっちを試してみてください。   ではでは。 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。  

...
4
発毛効果の高い自己発毛方法や育毛剤を紹介!AGAアンサー

本わさびの成分に育毛発毛効果が!ミノキシジルの3倍?!

このほど「本わさびの構成成分にヒトの毛母細胞を活性化させる働きがある」という研究結果を、業務用わさびの大手企業が発表し一躍話題となっています。 実際の試験においても非常に高い細胞活性効果が測定されており、今後の薄毛改善にかかわる部分でも、わさびが活用される期待が一気に湧き上がっています。 本わさびがなぜ育毛に有効となるのか わさびの成分がどのように作用するのかを知るには、まず髪が生える仕組みについて理解しておかなければなりません。 発毛のメカニズムは、髪の根元にある毛乳頭(細胞)から髪を生成する毛母細胞に細胞分裂指令が出され、細胞分裂とともに髪が生成されて成長するという仕組みになっています。 一般的な薄毛は、この細胞分裂指令を阻害するホルモンの影響で進行します。 つまり、細胞分裂の弱体化によって髪のヘアサイクルが短縮し、成長しない細く弱い髪しか生成できなくなってしまうことが原因となっています。 今回、この発毛指令を司る毛乳頭に対する活性化成分が本わさびに含まれていることがわかり、非常に高い効果を示すことが明らかとなったのです。 わさびが持つ具体的な発毛効果とは 本わさびが持つ発毛促進成分を示したのは、業務用わさびの最大手となる愛知県の「金印」です。 ◆中日新聞の取材記事によると… 業務用わさび最大手の金印(名古屋市)が、日本原産の香辛野菜「本わさび」に含まれる成分がヒトの育毛を促すメカニズムを初めて解明した。 本わさびの葉から、アンチエイジングに効果があるポリフェノールの一種である「イソサポナリン」と呼ばれる成分を抽出。ヒトの頭皮の毛根にあり、発毛に関する物質伝達をつかさどる「毛乳頭細胞」にイソサポナリンを加えて培養すると、細胞が活性化する効果が観察された。活性化の度合いは、市販の育毛剤の有効成分に使われる「ミノキシジル」を加えた場合の3倍に達した。 育毛を促すメカニズムについては、イソサポナリンの働きによって、毛乳頭細胞が外部からの刺激を受け取る「受容体(レセプター)」の感受性が高まり、細胞を活性化させることが判明。毛髪をつくるのに必要な栄養などを、毛乳頭細胞に送り届けるための毛細血管をつくるタンパク質が増えることも分かった。 このほか、本わさびの根茎に含まれる辛み成分の一種である「6-MSITC」をヒトの毛乳頭細胞に投与した実験でも、同様の効果やメカニズムが観察された。この育毛を促す二つの成分は本わさび特有で、チューブ入りわさびの多くに使われる西洋わさびには含まれていないという。 要約すると以下のようになります。 ◆イソサポナリンという成分が毛乳頭細胞を活性化 ◆毛乳頭の毛細血管を作るたんぱく質が増加 ◆6-MSITCという成分にも同様の効果を確認 ◆薬用医薬品ミノキシジルの3倍の活性効果 ◆日本の本わさびにしか含まれない成分 ポイントとなるのは「イソサナポリン」という葉に含まれるポリフェノール成分と、「6-MSITC」という根茎に含まれる辛み成分が毛乳頭の細胞に強く作用するということですね。 これらが医薬品を超える育毛・発毛効果を持つとわかったのです。 金印では本わさび製品の専門メーカーであることから、約20年に及ぶ本わさびに含まれる成分の研究をおこなっており、育毛効果の研究は2014年からおこなわれているようです。 さらに金印では本わさびの育毛効果に対して国際特許を出願中で、育毛製品メーカーへの原材料提供をおこなう予定であることも発表しています。 本わさびで実際に髪が生えるのか 実は人体による試験計測はおこなわれておらず、採取した毛乳頭細胞に対しておこなわれた結果のため、臨床的な証明はまだないのが現状です。 しかし、この試験においてVEGF(血管内皮細胞増殖因子)という髪への栄養供給を施すホルモンの増加が確認されており、今後育毛剤メーカー等での研究によって効果の高い製品が開発されると考えられています。 ◆VEGFの効果 VEGFの存在有無で細胞の活性具合に大きい変化が出ています。このホルモンが増加することで、新たな血管生成や安定した栄養供給が施されるため、非常に注目されています。 もうひとつのポイントとして 現段階では実際の人体に対する直接的な効果検証がないこと、そしてわさびという天然野草由来の成分であることから育毛効果を大々的に謳うことができません。 言い換えれば「あくまで毛乳頭細胞が強く活性化する因子が明らかになった」に過ぎないという認識の段階なのです。 このために育毛効果がある成分として確立されるには、前述したように専門的な育毛関連企業の研究によって開発されるのを待つということになるでしょう。 普段のヘアケアでわさびを使うのは… このニュースが発信された直後に、市販のわさびなどを頭に塗る人が増加しているという話題もありますが… 絶対にやってはいけません! そもそも市販のわさびチューブなどでは西洋わさびが利用されており、本わさびは使用されていないため、「イソサポナリン」や「6-MSITC」は含まれていないのです。 非常に注目される情報なので試してみたくなりますが、一般のわさびでは刺激成分を重視しているために、頭皮に直接用いると皮膚が荒れるなどのダメージを負うのみとなります。 あくまで近い将来に実用化が現実的となる育毛関連情報として、現段階では理解しておくことが大切です。 現段階で有益な方法とは 今回は本わさびが持つ毛乳頭活性効果に着目しましたが、同じように天然の野草成分から実用化されているものにキャピキシルがあります。 キャピキシルも発毛医薬品の3倍の効果を持つことで一気に注目された成分です。 キャピキシルは、本わさびの毛乳頭活性効果に対して脱毛ホルモン抑制効果と細胞修復効果が証明された日本でもベストセラーとなっている育毛成分です。 キャピキシルについて詳しくはこちら 知識を得る参考材料としてこちらも確認しておいていただきたいと思います。 本わさびの効果によって今後の育毛は変わるのか 本わさびは日本独自の産物であり、日本食と切っても切れない関係性を持っています。 それ故に毛乳頭の活性効果が確認されたことは、日本独自の新しい育毛環境を構築していくことになるかもしれません。 日本の育毛製品は世界的にもクオリティが高いことが有名で、前述したキャピキシルについては開発元がカナダであるにも関わらず、独自の研究で世界トップクラスの製品を供給しています。 同様に、海藻成分から世界で初めて育毛・発毛成分の抽出に成功した「イクオス」の製品化など、目覚ましい進化を遂げているのです。 そして今後、これらの実用化に成功した日本の育毛研究が、本わさびの成分を実用化させるフィードバックに繋がることとなるでしょう。 本わさびに関する育毛新情報が出ましたら改めて述べていく予定ですのでご期待ください。 関連記事一覧 キャピキシルの強力な発毛相乗効果と安全性 AGAアンサー人気発毛商品ランキングTOP10 『BOSTONスカルプエッセンス』の実践レポート AGAケアを継続する重要性 発毛効果の現れ方とタイミング

...
5
若ハゲ番長のAGA治療体験記【ハゲに人権はない】

亜鉛の育毛効果まとめ【決定版】DHTを抑制は嘘!?

どうも、若ハゲ番長です。 今回は亜鉛の育毛効果について、調べれる限り調べ倒してみました。 ぜひ、参考にしてみてください( ´∀`)bグッ!   亜鉛の育毛効果は本当なのか? 亜鉛というのは人体に鉄の次に多く含まれる必須微量元素です。 全身のさまざまな細胞で働く300以上の酵素が亜鉛を含んでいるので、亜鉛なしでは人間は生きていけません。 亜鉛含有酵素は特に細胞の増殖・分化に深く関わっていると言われています。 つまり、亜鉛は細胞の新陳代謝に深く関わっている微量元素と言えるでしょう。   で、 このブログでも亜鉛は育毛に必須の成分として、開設当初から取り上げて来ていますが、最近、よくよく調べてみると、「亜鉛って本当に育毛に重要なの?」という疑問が生じてきました。 亜鉛が育毛に良いと言われるようになった背景として 亜鉛が不足すると脱毛が促進する 亜鉛の摂取によりDHTの生成が抑制される という2つの説があります。 (DHTはAGAの原因物質) まずは、この2つの説を検証していきましょう∠( ゚д゚)/   亜鉛不足によって引き起こさる症状 亜鉛が不足した場合、典型的な症状としては・・・ 褥瘡(いわゆる床ずれ、高齢者に多い) 皮膚炎 爪ジストロフィー(爪がもろくなったり、変形したりする症状) 脱毛 味覚障害 舌炎 体重減少 下痢 免疫力低下 生殖機能不全(男性) と、引き起こされる症状は非常に多岐にわたっております。 このことからも亜鉛が体のさまざまな機能に関わっていることがわかりますね。 また、皮膚や舌など細胞の入れ替わりの激しい器官に障害が出やすいのも特徴です。 (亜鉛は細胞の増殖に深く関わっているんでしたよね)   そう、そして、お気付きの通り、 亜鉛不足の典型的な例として、脱毛が上げられているのですΣ(゚Д゚)!! 何を隠そう、髪の元になっている毛母細胞はすごいスピードで分裂している組織です。   亜鉛不足によって引き起こされるのは休止期脱毛 しかし、ですね。 論文をいくら調べても、亜鉛不足との関連が指摘されているのは、休止期脱毛ばっかりなんですよ(;´∀`) 休止期脱毛というのは主に円形脱毛症やびまん性脱毛症のことを指します。 いわゆるAGAは含みません。 どんだけ調べても、AGA(男性型脱毛症)と亜鉛不足の関連を指摘している論文は一つも発見できませんでした。   そんなわけで、髪が生えるメカニズムを考えれば亜鉛が不足すると良くないのは明白なんですが、AGAの原因になっているかどうかは今のところ不明です。 加えて、亜鉛欠乏症による脱毛の例としてあげられているのは、多くが先天的に亜鉛を輸送するたんぱく質に異常がある病気の人だったり、かなり重度の亜鉛不足の例です。 そんな深刻な亜鉛欠乏状態に陥ることって、普通に生活してたらそうそうないんじゃない?という印象を持ちました。 亜鉛不足による脱毛を心配する必要って、実はそんなにないんじゃないか?と。 (逆にAGAではなく、円形脱毛症やびまん性脱毛症の方は亜鉛不足を疑ったほうが良いかもしれません)   ということで、まず「亜鉛不足でハゲる」説に関しては 極端な亜鉛不足になると円形脱毛症やびまん性脱毛症の原因になるが、AGA(男性型脱毛症)の原因になるかは不明 という感じです。   亜鉛の摂取によりDHTの生成が抑制される? さて、もう一つの「亜鉛の摂取によりDHTの生成が抑制される」説なんですが、これの元になっている論文がこちらです。 ⇒Inhibition of 5α-reductase activity in human skin by zinc and azelaic acid   すごくざっくりまとめると、 硫酸亜鉛の溶液を培養した人間の皮膚細胞に加えると、5α-リダクターゼの活性が阻害された という内容です。 5α-リダクターゼはテストステロンをDHTに変換する酵素です。 なので、それが阻害されるということはDHTが抑制されるという事になりそうですが・・・・   この実験には問題があって、まず、培養細胞に直接、硫酸亜鉛の溶液を加えるという手法で行われている点です。 「培養細胞では効果があったのに、実際に人にサプリとして飲んでもらうと全然効果がない」というのは実はよくあることなんです。 実際には硫酸亜鉛溶液を皮膚に注射するのではなく、口から摂取して、消化管から吸収して、巡り巡って皮膚の細胞にたどり着くわけですからね。 全然、条件が違うんです。   さらに、使用されている硫酸亜鉛の濃度はちょうど人間の血中の亜鉛濃度くらいに調整されてるんですが・・・ しかし、「硫酸亜鉛溶液によって完全に5α-リダクターゼの活性が阻害された」と書かれています。 人間の亜鉛の血中濃度と同じくらいの濃度で、完全に5α-リダクターゼが働かなくなるとしたら、平均的な人間の体内では5αリダクターゼは働かないことになってしまいます(;´∀`) しかし、現実的にそんなわけ無いですよね。 もしそうなら、だれもハゲないはずです(笑) そんなわけで、この培養細胞での実験結果が人間の体内にも適応できるかどうかはかなり怪しいといえます。   亜鉛の摂取でDHTが増加するとする研究 一方で、実際に男性に亜鉛のサプリを飲んでもらって、DHTの量の変化を調べた実験があります。 ⇒Effect of zinc administration on plasma testosterone, dihydrotestosterone, and sperm count.   これは男性の不妊治療に関する論文なんですが、不妊の話は本筋から外れるので置いておいて、亜鉛の摂取でテストステロン、DHT濃度がどう変化したかだけに注目しましょう。 結果をまとめると・・・ もともとテストステロンレベルが低かった患者 亜鉛の摂取によって、DHTもテストステロンも上昇 もともとテストステロンレベルが低くはなかった患者 テストステロンレベルはほぼ変わらず、DHTレベルだけが上昇 と、どちらにしても亜鉛の摂取でDHTが増加したという結果にΣ(゚Д゚)! (ちなみに亜鉛サプリの摂取で、テストステロン不足だった22名のうち9名が6ヶ月以内に妻を妊娠させることができたそうです)   こちらの実験は、培養細胞での実験とは違い、実際に亜鉛を口から摂取してもらっているので、信頼性は高いです。 この2つの実験を比較する限り、亜鉛の摂取はDHTを増加させる可能性が高そうということになります。 すくなくとも「亜鉛がDHTを抑制する」とする説は根拠が弱すぎるでしょう。   (どのくらいの量の亜鉛を摂取するとDHTの量が増えたのか?が気になるところなんですが、論文が電子化されてなくて、アブストラクト以外は閲覧できず、詳細な数字はわからずじまいでした_| ̄|○)   亜鉛って1日どれくらい摂ればいいの? 調べてみたら、亜鉛は「育毛に良い」という説が怪しくなりつつあるんですが、亜鉛があまりに不足すると脱毛が進むというのは間違いなさそうです。 では、1日に必要な亜鉛の量ってどれくらいなんでしょうか? 厚生労働省が出している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると・・・ 成人男性 推定必要量:8mg/日 推奨摂取量:10mg/日 摂取上限:40~45mg/日 成人女性 推定必要量:6mg/日 推奨摂取量:8mg/日 摂取上限:35mg/日 となっています。 (ちなみに男性の方が女性より必要量が多いのは、男性は生殖活動で亜鉛を大量に消費するためです。) アメリカのFDAの推奨一日摂取量では成人男性で13mg、成人女性で8mgとなっていて、日本の基準よりちょっと多いですがそこまで大差はないです。 なので、とりあえずは日本の推奨摂取量に従っておけば良さそうです。   亜鉛の吸収率は一緒に食べるもので全然変わる ここでちょっと亜鉛の吸収率の話をしておきましょう。 亜鉛は一緒に食べるものによって吸収率が大きく変わる元素です。 一般に、亜鉛と結合して水に溶けなくなってしまう物質は亜鉛の吸収を阻害し、逆に水に溶けやすくなる物質は亜鉛の吸収を促進します。   亜鉛の吸収を阻害する成分 特に亜鉛の吸収を阻害する成分として知られているのは・・・ 食物繊維 食物繊維は亜鉛と容易に結合します。人間は食物繊維を消化できないので、食物繊維にくっついた亜鉛はそのまま体外に排出されてしまいます。 タンニン お茶やコーヒーに含まれる渋み成分タンニンも亜鉛と非常に結合しやすい物質です。タンニンが亜鉛に結合すると、不溶性の化合物になるため、人間は吸収できなくなります。 シュウ酸 ほうれん草などに含まれる成分なんですが、これも亜鉛と結合すると水に溶けなくなるため、亜鉛の吸収を阻害します。 フィチン酸 豆類や穀類の多く含まれる成分で、これも亜鉛と不溶性の錯体を形成するので、亜鉛の吸収を阻害します。 鉄や銅、カルシウム 鉄や銅、カルシウムは亜鉛と吸収が競合するため、これらのミネラルを大量に摂ると亜鉛の吸収が悪くなります。   亜鉛の吸収を良くする成分 一方でこれらの成分は亜鉛の吸収効率を上げることが知られています。 クエン酸 亜鉛と易溶性のキレート錯体を作るため、体内で吸収されやすくなります。 ビタミンC 同じく亜鉛と易溶性のキレート錯体を作り、体内での吸収を促進します。   吸収に影響を与えるものは色々あるけど・・・ と、こんな具合に亜鉛の吸収に影響を与えるものはめっちゃいっぱいあります(;´∀`) 「え!?こんなに気にしなきゃいけない食品があるの?」と驚かれた方もいるかもしれません。 (ここに上げたものは主だったものなので、細かいものも含めるともっとたくさん・・・・) 特に、食物繊維や鉄や銅など、一般に健康に良いと言われているものも亜鉛の吸収を妨げてしまうので困りものです。   僕はどうしているのかというと・・・ 特に気にしていません!(笑) もちろん、亜鉛を含んだサプリをコーヒーで飲んだりはしませんが、気をつけていることといえばそれくらいです。 理由は単純で、気にしだすとキリがないからです。   それにサプリで少なくとも推奨量以上は摂っています。 上で紹介した推奨摂取量はもちろん、”亜鉛の吸収の悪さ”も考慮して計算されています。 なので、多少、吸収効率が悪くなったところで、推奨摂取量を摂っておけば亜鉛が不足することはないだろうという判断です。   過剰摂取のリスク:鉄や銅が不足!? 今度は亜鉛を摂りすぎるとどうなるのか?という話です。   まず、 一気に亜鉛を570mg以上摂取すると、むかつきや嘔吐、食欲不振、腹部痙攣、下痢、頭痛などの症状が出ます。 570mgっていうと、相当な量(高用量のサプリを10錠ぐらい)なのでまずそんな量を一気に飲む人はいないと思いますが・・・   しかし、これは一気に飲んだ場合に問題になる量です。 もっと少ない量でも長期間のみ続けた場合は、体に悪影響が出ます。   亜鉛の吸収は鉄や銅と競合する 亜鉛の過剰摂取で問題になりやすいのは、長期の過剰摂取による銅や鉄の欠乏です。 亜鉛、銅、鉄は同じ経路で体に吸収されます。 なので、亜鉛、銅、鉄は吸収が競合します。   イメージとしては「亜鉛+銅+鉄」の合計で吸収できる上限が決まっている感じです。 合計で上限以上には吸収できないので、亜鉛が大量に吸収されると、銅や鉄はその分、吸収されなくなります。 その結果として、亜鉛の長期間の過剰摂取で、鉄や銅が不足してしまう危険性があるわけですね。   どのくらいの量なら飲んでもOK? ある研究では被験者に毎日50mgの亜鉛をサプリとして飲んでもらったところ、10週間で 血中の銅を含む酵素活性低下 血中のフェリチン(鉄)濃度の低下 が見られたそうです。   ちなみに亜鉛欠乏症の治療に使われる量でも1日摂取推奨量の3倍程度です。 しかも、その量を永遠に飲み続けるわけではなく血中の亜鉛濃度が回復したら、量を減らします。 それを考えると50mgを飲み続けるのは多すぎると言えます。   上で挙げた摂取上限を超えないように気をつけましょう。   亜鉛不足より鉄不足の方が髪には問題!? 実は興味深いデータがありまして・・・ 休止期脱毛の患者の血中のミネラル濃度を調べたところ、患者のうち 45.2%がフェリチン(鉄)不足 9.6%が亜鉛不足 というデータがあります。 つまり、脱毛症の患者では亜鉛不足の人よりも、鉄不足の人の方が圧倒的に多かったのです。 なので、髪にとっては亜鉛不足よりも鉄不足の方が問題である可能性もあります。   何事もバランスが大事ですので「亜鉛を摂りすぎたせいで鉄が足りなくなった」なんてことにならないように気をつけましょう∠( ゚д゚)/   まとめ あれやこれやと亜鉛についてみてきましたが、まとめると 亜鉛が不足すると脱毛症の原因になり得る 亜鉛の多量摂取が育毛につながるという根拠はない 長期にわたる多量摂取は鉄や銅の不足のリスクがある ということになります。   この結果を受けて、最強セットからはZINC(亜鉛が30mg含まれているサプリ)を削除しました。 30mgをサプリから摂ると、食事と合わせて摂取上限を超える可能性があるためです。   断っておくと、摂取上限は「これを超えたら健康問題が生じるリスクがゼロではなくなりますよ」という量なので、摂取上限を超えたからといって直ちに問題になるわけではありません。 「摂取上限以下であれば、まず健康問題は生じないだろう」というかなり安全設計で作られています。 なので、毎日30mgを摂っていたという方も、急に問題が起こるなんてことはまずないので、ご安心ください。   今後の亜鉛との付き合い方 で、この結果を受けて僕はどういう方針で行くのかというと・・・   亜鉛不足にならないようにサプリで推奨摂取量を摂る 不足になると髪に良くないのは確実なので、推奨摂取量程度をサプリで摂ることにしました。 現在飲んでいるマルチビタミン&ミネラルとBOSTONに含まれている亜鉛でだいたい推奨摂取量くらいになります。 これに食事からの亜鉛もあるので、不足することはまずないでしょう。   摂るタイミング・食べ合わせについては気にしない 亜鉛の吸収を阻害するものを食事から排除しようとしたりすれば、食事を考えるストレスでハゲそうです(笑) なので、特に気にしていません。 毎日ランダムな条件で摂っていれば、吸収される日もあるので、それで事足りるだろうという判断です。   サプリ+食事で推奨摂取量は確実に超えるので、多少吸収が悪くても大丈夫でしょう。 物量作戦です。 もちろん亜鉛吸収のために食事にも気をつける余力がある、という方は気をつけても良いかもしれません。   推奨摂取量以上にサプリを飲むことはしない 多量摂取しても育毛につながるかどうかは分からないし、むしろ多量摂取続けると鉄や銅が不足してしまうリスクがあるということで、推奨摂取量以上のサプリを飲むことはしない方針にしました。 サプリ代も減って経済的です。     以上、亜鉛の育毛効果についてお送りしました! 参考になれば幸いです。     参考資料一覧 Inhibition of 5α-reductase activity in human skin by zinc and azelaic acid Effect of zinc administration on plasma testosterone, dihydrotestosterone, and sperm count. 日本人の食事摂取基準(2015年版) http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4ai.pdf http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/19.html Dietary zinc deficiency alters 5 alpha-reduction and aromatization of testosterone and androgen and estrogen receptors in rat liver. Vitamin and Mineral Deficiencies in Patients With Telogen Effluvium: A Retrospective Cross-Sectional Study Supplementation of trace elements in the general medicine Zinc and skin biology Zinc is the most important trace element Nutrition and hair: deficiencies and supplements Zinc: an essential micronutrient.(free) Supplemental levels of iron and calcium interfere with repletion of zinc status in zinc-deficient animals        

...
6
育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~

ひまし油は頭皮ケアに避けるべきオイルだとする理由

ここ数年、ひまし油(カスターオイル)のことをよくネット上で目にするようになりました。頭皮にも良く、育毛にも効くとのことで注目している人もいるのではないかと思います

...
7
育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~

相葉雅紀・松本潤CMシャンプー・ジュレームフルボスの口コミと解析

ジュレームといえば、嵐の松本潤さんと相葉雅紀さんのCMでお馴染みのシャンプーですが、今回あらたに「フルボス」が追加発売されました。CMでは、松本さんと相葉さんが怪盗

...
8
育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~

キュレーションサイト閉鎖の件でより明確になった、育毛・薄毛ブログの方向性

WEB系のお仕事をされている方やブロガーの方はもう既にご存知かと思いますが、DeNAが運営するキュレーションメディアのWELQ(ウェルク)が、ウェブサイト全体を公開中止にし

...
9
発毛効果の高い自己発毛方法や育毛剤を紹介!AGAアンサー

AGAアンサー厳選!『天然成分AGA克服セット』

バイオテクノロジーの進化がもたらしたリスクフリーの発毛治療! 効果報告続出の天然成分による在宅薄毛治療を試してみませんか? これまで「成果の出る発毛治療は薬品のみ」と考えられていましたが、現在では野草成分やアミノ酸等の化学的な成分検証技術が進み、発毛医薬品を上回る効能を持つ天然発毛成分製品が多数存在する状況になっています。 AGAには個人差が多く必ずしもすべての方に効果的とは断言できませんが、天然成分での治療を実践された方より多くのご報告をいただいており、現状で薄毛に悩まれる方の改善選択肢として推薦できると捉えています。 特に「発毛医薬品は副作用が心配…」「使用制限で発毛医薬品が使えない…」といった方でも安心して取り組んでいただける天然成分ならではのメリットが多くありますので、この機会に知識を得て自己発毛にトライする契機にしていただければ幸いです。 天然成分薄毛治療の基礎知識 2014年以降に圧倒的な発毛効果と安全性が話題となり急速に普及しているのが天然発毛成分です。医薬品による副作用や使用制限の問題点がない注目の成分なのです。 これまでは発毛医薬品や市販育毛剤による治療が基本でしたが… ◆医薬品は副作用が心配だ…できるだけ使用したくない ◆薬局に並ぶ育毛剤を買ったが気休めに感じられる ◆医薬品治療にプラスできる効果の高い発毛製品が欲しい このような感想をお持ちの方が多いと思います。 医薬品ならではの心配を招く問題点や、過去から普及している市販育毛剤の効果に疑問を抱くなど、有益な発毛方法が限られていることからの及第点です。 最新天然成分製品は既往症や健康上の問題、医薬品への猜疑心等でなかなか薄毛治療に取り組めなかった方や、薄毛発毛治療のバリエーションをお考えの方に圧倒的な発毛効果をもたらすことが可能となる化学技術の結晶と言えるのです。 発毛医薬品と天然発毛成分の違い まずここで取り上げる発毛育毛組成を持つ天然成分製品と発毛医薬品の違いを理解しておく必要があります。 ◆発毛医薬品 脱毛男性ホルモンの抑制、及び毛母細胞毛細血管拡張による発毛効果が医学的に証明されたことにより、厚生労働省が認可し普及した医薬品を指します。非常に高い脱毛抑制・発毛効果が発揮されていることからAGA(男性型脱毛症)治療の最前線を担っています。 しかし、薬品によって例外が存在しますが、日本では医療用医薬品として認可されており医師処方(診察・問診)が前提となります。医薬品であることから使用制限や副作用の可能性等をしっかりと患者に認識させるための措置となっているのです。 この際にAGAは生命や健康を脅かす症例ではないことから医療保険が適応されず、すべて自由診療となり高額な治療費となりやすい点があります。 発毛医薬品は厚労省特例として個人輸入による入手が認められています。 基本的に発毛医薬品はアメリカの臨床現場で開発されたものが世界的に流通し、日本では厚生労働省による医薬品認可に伴って製薬会社が日本国内で医師処方医薬品として供給する流れとなり今日に至っています。 これに対して個人輸入とは、海外の症例に対する効果を確認した上で個人利用におおきな問題がないと厚生労働省による事前チェックが施された海外製発毛医薬品を医師処方なしに入手できる特例です。利用者が薬剤知識を持っていることが条件となります。 発毛医薬品についての詳細はこちら ◆天然発毛成分製品 天然野草に含まれる成分の化学的な解析が進み、高次元で発毛効果を導く成分構成の実現に成功した製品類を指します。2014年以降安全性と圧倒的発毛効果が話題となって急速に普及しており、AGA(男性型脱毛症)治療の新たな旗手として注目されています。 サプリメントやヘアエッセンス(育毛剤)等が基本となり、日本では法規的に制限が厳しい医薬品カテゴリーに属さないことからめざましい開発スピードで発展しました。 おもだって海外では薬品として取り扱われる国もあるほどの効果の高い天然野草成分がベースとなり、日本のお家芸とも言われる再生医療現場で注目されている有機アミノ酸成分が合成された世界トップレベルの天然発毛成分製品も存在するほどバリエーションが増加してきています。 天然成分のため使用制限や副作用が一切なく男女問わず使用が可能です。 発毛医薬品において使用制限のある心既往症などによってAGA治療が困難な方にも発毛効果が得られるAGA治療が可能であり、女性型脱毛症(FAGA)にも適応することができるようになっています。 また単体でも高い発毛効果を誇るだけでなく発毛医薬品との併用が可能となることも注目すべき点であり、発毛医薬品で効果が発生しにくい場合にも有益な治療法を得ることが可能となっています。 このように天然成分発毛製品は、日本では特にクローズアップされてしまう発毛医薬品使用を避ける要因となる使用制限や副作用リスクを打破した新世代の育毛成分となります。 薄毛の若年化や薄毛人口の増加によって男性の国民的な病になりつつあるAGA、そして急増している女性の脱毛症(FAGA)に対し、薬剤に対する認識が厳しい日本人の性質にピッタリ合致する治療手法として期待されているのです。 天然発毛成分のバリエーション 天然成分で医学的な治療に匹敵する成分は以下のとおりになります。 キャピキシル(脱毛ホルモン抑制毛母細胞復元成分) ノコギリヤシ(脱毛ホルモン生成酵素抑制ハーブ) プラセンタエキス(細胞分裂増進成長因子) ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体) リデンシル(細胞組織修復活性成分) アルガス2(海藻由来脱毛抑制毛髪成長促進成分) それぞれに特徴があり発毛効力を示す成分で、育毛剤とサプリメントでの配合供給が基本となっています。 各発毛・育毛天然成分製品はこれらの中で注力する成分を特化研究して実用化させており、複合的に取り入れている製品もあります。そしてまずはこれらの成分特性を理解することが必要であるとAGAアンサーは考えます。 それは、自己発毛治療をおこなう上では天然成分素材であってもしっかりと効果・効能を理解した上で取り組まなければ効果的な治療に結びつかないと言える部分が介在するからに他なりません。 当方では「なぜ効くのか?根拠はなんなのか?」という点を知識として得ていただくことを重視しています。実は育毛剤や育毛サロン等の利用者における約7割が薄毛治療に使う成分を理解していないという統計があります。 市販育毛剤を利用したことがある方でも「なんとなく売れているようだから…」といった理由で実践してみて思ったような効果が得られなかったという経験があるはずです。それぞれがどう作用して髪に効果を得ることができるのかという知識がないために「どうせ発毛なんて現実不可能だ…」と疑心暗鬼に陥り、有益な手法を知らないまま対策が遅れてしまうのです。 正しい知識と根拠を理解せずに言われるがままでは本来の治療ではありません。 しかし初めて聞く成分や内容はよくわからないし、組み合わせる製品もよくわからない…といった不安や、実際にかかる費用や入手方法がわからないといった不安があると思います。 そこでAGAアンサーが天然成分治療セットの提案を致します! 医薬部外品・化粧品に属する天然発毛成分 各天然発毛成分の効能と特徴 【アルガス2グループセット】 【真・キャピキシルAグループセット】 【極・キャピキシルAグループセット】 【キャピキシルBグループセット】 AGAアンサー推薦!育毛アミノ酸シャンプー 1,医薬部外品・化粧品に属する天然発毛成分 上図は医薬品に派生する医薬部外品や化粧品が持つ作用の強さを示したものです。このような認識は一般的なものなので、おそらく同じような感覚をお持ちの方が大半であろうと思います。このために「医薬部外品や化粧品で本当に効果があるのか信じられない」と捉えてしまっても当然かもしれません。 しかしこの図式のみで判断することが難しいのです。その理由は天然の植物や海藻から抽出した成分について、日本では薬事法上の決まりで薬品成分に認定されない法規になっています。つまり、天然産物成分が化学的に調合されて高い効能を示していてもあくまで天然の栄養補助成分という枠決めとなるわけです。 天然由来成分は農林水産省管轄となり医薬品には該当しないのです。 同様にアミノ酸成分についても人為的に薬効を生成したものではなく、人体の組成に合致する成分となり見識が同一となります。 もちろん最終的に厚生労働省によって認可され製品として供給されることになりますが、天然成分やアミノ酸の解析技術が進み、特化した効能を持つ化学調合がおこなわれるようになったのは最近のことなので、過去の枠組みの状態のカテゴリーに所属する状態になっているのです。 このために化粧品・医薬部外品が医薬品を凌駕する効能を持つ逆転現象が現在起こっています。 結論付ければ、天然発毛・育毛成分は必ずしも所属カテゴリーの枠組みに合致した効能で収まっているわけではないと言えます。効果が高いながらも副作用や使用制限がない天然成分は、法規も味方して多くの方に利用してもらえる日本の化学技術結晶となっています。 医薬品でないために大きく発展した天然発毛・育毛成分 過去の日本育毛剤市場ではAGA医療によって供給がはじまった発毛医薬品の効果もあり「医薬品こそが最も信頼できるもの」という認識が非常に強く、毛根血流を増加させる(発毛とは関連性が低い)成分で一般医薬品(薬局で販売可能な成分が少ない薬品)認可を取るものも多い背景がありました。 テレビでも育毛剤CMでモデルの俳優が「医薬品!」と告げるだけで売れ行きが倍増したほどです。 それほど医薬品への期待感が一般にも普及していたわけです。 しかし逆に天然発毛成分が医薬品ではなく化粧品・健康補助食品・医薬部外品カテゴリーとなることによって、おおきなプラス要素が発生することになったのです。 ◆1,医薬品とまったく異なる認可基準 医薬品の場合は厚生労働省の非常に厳しい認可までの道程があります。数百回に及ぶ薬品成分の安全性や効果検証の審査や複数回の治験をパスした製品のみが医薬品認定されることになり、ここまでに膨大な資金と時間を浪費しますが、医薬品以外ではこの基準が当てはまりません。 研究から製品化までが早まり、申請費用を研究費用に流用できたため一気に発展しました。 ◆2,医薬品と異なる成分への制限事項 通常医薬品では異なる作用を持つ成分の配合が認められていません。例えば「脱毛を止める」と「発毛させる」を一緒におこなうことが不可能なのですが、医薬品以外ではこの基準が当てはまりません。 効能の異なる複数成分調合が可能となり、より効果的な複合発毛効果を実現しました。 薬事カテゴリー制限が少なく研究と実用化の自由度が高いという圧倒的メリットが、日本の発展したバイオテクノロジー技術から優れた製品を生み出す「怪我の功名」に繋がったと言い換えることができるかもしれません。 天然発毛・育毛成分が圧倒的な注目を受ける理由が少しおわかりいただけたのではないでしょうか。 2,各天然発毛成分の効能と特徴 では次に「天然発毛成分のバリエーション」で挙げた現在最新の薄毛治療成分として注目されている6点について確認します。 キャピキシル(脱毛ホルモン抑制毛母細胞復元成分) キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって開発された発毛エッセンス(育毛剤)成分で、次世代育毛成分として注目されています。 キャピキシルは強い細胞修復効果を持つアミノ酸「アセチルテトラペプチド3」と、脱毛男性ホルモンを生成する酵素を抑制する「アカツメクサ花エキス」が組み合わされた成分を指します。 毛母細胞修復効果と脱毛ホルモン抑制効果が発揮されるため、同濃度のミノキシジル(発毛医薬品育毛剤)に比べて3倍の発毛効果があることが発表されています。 キャピキシルについて詳しくはこちら 日本では数種類のキャピキシル製品が存在しており、開発販売各社独自の有機アミノ酸をはじめとする成分配合がおこなわれています。これらの開発技術は日本が世界トップレベルとなっており多数の発毛報告が挙がっています。 ノコギリヤシ(脱毛ホルモン生成酵素抑制ハーブ) ノコギリヤシは天然ハーブの一種で、日本でも古くから前立腺肥大症による排尿疾患に重用されてきた歴史を持っています。 ノコギリヤシは脱毛ホルモン還元酵素である5αリダクターゼを抑制する作用を持つことが明らかになっており、脱毛環境をストップさせて改善させる効能を持っています。 単体での効果が強くないために、発毛に有効な他の野草成分を組み合わせる研究が活性化したことで、効果の高い優良な発毛サプリメントが登場しています。 ノコギリヤシについて詳しくはこちら 日本では発毛専用に調合されたノコギリヤシ配合サプリメントが数種類流通しており、開発販売各社独自の研究視点に基づいた配合成分選出・調合がおこなわれています。 プラセンタエキス(細胞分裂増進成長因子) プラセンタエキスとは哺乳類の胎盤から抽出される胎盤エキスのことで、胎児が生育するための必須アミノ酸等の栄養素が凝縮された高濃度栄養成分です。 プラセンタエキスは成長因子による細胞活性・細胞分裂増進効果に加え、ホルモン調節作用によって脱毛ホルモンを抑制し、ヘアサイクルを適正化する効能を持っています。 一部育毛サロンにおいて頭皮注入施術が存在するほど注目されている成分です。過去は高額な施術での利用のみでしたが、最近ではAGA用頭皮エッセンス等に含有されるなど低価格化が進んでいます。 プラセンタエキスの効果は美肌・シワ消し等にも覿面に作用が現れるため女性クリニックでの施術で使用されるほか、過去には厚労省が肝炎の治療に認可していたほどの身体厚生効能を持っています。 ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体) ピディオキシジルとは医薬品成分ミノキシジルに似た成分で、表記名はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドと呼ばれる物質です。 ピディオキシジルはミノキシジルが持つ『血圧降下の特性を持つ分子構造』の部分を無効化し、高い頭皮吸収効率を実現した成分です。 医薬品成分ミノキシジルの高い発毛効果から副作用が発生する構造のみを取り除いたピディオキシジルは、高い毛根浸透効率とともに画期的な発毛成分として注目されています。 ピディオキシジルについて詳しくはこちら 組成的な検証からピディオキシジルは医薬品には該当せず化粧品として認可されており、一部の高級まつ毛美容液等に利用されている成分です。発毛効果が高く、頭髪発毛用の配合研究が発達して製品化へと繋がりました。 リデンシル(細胞組織修復活性成分) リデンシルとはスイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発した成分で、キャピキシルやピディオキシジルに次ぐ最新の発毛成分として注目されています。 リデンシルは成長期の髪が安定定着してヘアサイクルの正常化と毛乳頭細胞の増殖を促す「DHQG」と、頭皮の柔軟化を促す「EGCG2」を中心とした複合アミノ酸成分を指します。 毛髪育成幹細胞であるバルジ領域と毛乳頭線維芽細胞を活性化させて発毛を導く作用で、同濃度のミノキシジル(発毛医薬品育毛剤)に比べて2倍の発毛効果があるとされる注目の最新成分です。 日本では2016年より実用化がスタートしたばかりのためにまだ一部の製品にしか採用されていませんが、再生医療分野でも注目度が非常に高く、今後発毛・育毛関連製品に多数採用されていく可能性のある成分です。 アルガス2(海藻由来脱毛抑制毛髪成長促進成分) Algas-2(アルガス2)とは日本のメーカーである「キーリー」が開発した成分で、脱毛ホルモン還元酵素(5αリダクターゼ)と脱毛司令遺伝子(FGF-5)を抑制する効果を持つ海藻由来成分です。 Algas-2(アルガス2)は毛髪成長を促進する「M-034」と細胞修復成長因子を持つ「ペルベチアカナリクラタエキス」という2つの海藻成分が化学的に組み合わされた物質を指します。 脱毛要因を抑制する効果と毛髪成長力が非常に強いことから発毛体感が早く、キャピキシルに匹敵するかそれ以上の発毛力を発揮する天然育毛成分として注目を集めています。 アルガス2について詳しくはこちら 2016年9月に実用化されたばかりの成分です。日本育毛剤メーカーの独自開発成分となるため、他の発毛・育毛成分と比較してコスト圧縮が可能となり安価に供給されやすい状況になっています。 上記各天然発毛成分は以下のようにグループ分類されます。 (※この分類は天然成分育毛剤のみを分けたものになりますが、内服サプリメントの場合は「ノコギリヤシ」をベース成分とする部分が基本となっておりグループ分けを割愛致しました。) それぞれが独自の発毛理論と高い化学技術による強い発毛効果を持ちます! ※後に提案する製品(育毛剤)には所属グループの表記成分がすべて含まれています。 ここで錯覚してしまいがちな部分が「配合成分が多ければ多いほどいい」と安直に括ってしまえないところです。例えば、今や代表的な育毛天然成分となったキャピキシルでもBグループがAグループに必ずしも勝るわけではありません。 AグループではBグループにはない非常に強い抗酸化作用を持つ物質が配合されていたり、理論的な発毛効力が証明されているIGF-I(毛髪成長タンパク質)増加作用物質が配合されているなどの独自発毛理論が実現されている改善報告の多いベストセラー製品があるなど、簡単に優劣を決められないほどそれぞれが優れているためです。 このために選択が難しくなってしまう傾向が強くなるのですが、重要となるコスト面・作用面から最もよい組み合わせをカテゴリー別にご提案できればと思います。 3,驚異的低価格で効果抜群の【アルガス2グループセット】 最も実践コストが低いながらも最新天然成分による高い発毛効果が期待できる内容です。 株式会社キーリーが展開する海藻化学調合発毛成分『アルガス2』が採用された育毛製品ブランド『IQOS(イクオス)』を組み合わせたセット内容となります。 これからAGA治療を考えておられる方や、治療コストをできるだけ小さくしたい方に効果面の反映を加味して最適な内容と言えるでしょう。 Algas-2配合育毛剤『IQOS(イクオス)』 新開発の海藻成分による強い毛髪成長効果を実現 脱毛ホルモン変換酵素と脱毛司令遺伝子をブロックする効果が高く、毛髪成長促進効果が非常に強い海藻由来新成分「Algas-2」がメインとなる天然成分育毛剤です。 他に毛包活性化有効成分や血行促進成分、16種の細胞活性アミノ酸が配合されており、発毛効果がキャピキシルを超えるとも言われ一躍注目を浴びています。 これだけの贅沢な毛髪成長因子配合にも関わらず、イクオスサプリメントEXとの同時購入で5,000円を下回る圧倒的コストパフフォーマンスが魅力です。 ◆120mlですので1ヶ月(~2ヶ月)分の使用容量となります。 ◆イクオスサプリとのセット定期購入が初回78%OFFという割引率です。 イクオスサプリEX 46種類の毛髪生成栄養素とアミノ酸を含有 ノコギリヤシをベースに成長因子やアミノ酸等の毛髪生成必須因子を高濃度含有し、海藻エキスFGF-7再生促進因子までも配合した現存最多の含有量を誇る発毛・育毛サプリメントです。 亜鉛やビタミンの含有濃度が高く、毛髪生成エネルギーを効率よく取り込めるために育毛サプリメント初の栄養機能食品認可を受けています。(栄養補助食品の上位ランク食品) これだけの贅沢な毛髪成長因子配合にも関わらず、育毛剤イクオスとの同時購入で5,000円を下回る圧倒的コストパフフォーマンスが魅力です。 ◆90粒ですので1日3粒計算で1ヶ月分の使用容量となります。 ◆育毛剤イクオスとのセット定期購入が初回78%OFFという割引率です。 以上が『アルガス2セット』となります。それぞれ単品定期購入でも安価ですが同時購入は非常にお得です。 (※定期購入はいつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。) ■育毛剤IQOS(イクオス)単品定期購入…6,800円 ■イクオスサプリEX 単品定期購入…4,800円 ■セット定期購入…初月4,980円(2回目以降8,980円) 1ヶ月あたりの治療費用は4,980円です。(初月) ※効果の高い育毛剤とサプリメントセットでは驚異的な価格です。 4,低コストで高い実績の【真・キャピキシルAグループセット】 低コストながら発毛実績の多いキャピキシル成分による安定発毛が期待できる内容です。 『ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)』を配合するキャピキシルAグループの低価格(ハイコストパフォーマンス)バージョンです。発売開始直後に非常に話題となったキャピキシル育毛剤『FINJIA(フィンジア)』を組み合わせたセット内容です。 化学的な根拠のある毛髪再生効果を持ったキャピキシルには日本国内で多数の改善報告が寄せられています。キャピキシル製品中で安価ながら効果の高い本セットは、実績を重視する方に最適な内容と言えるでしょう。 FINJIA(フィンジア) 高濃度発毛成分を中心としながら低コストの人気製品 発毛医薬品ミノキシジルと同じ組成でありながら、副作用発生分子構造を取り除いた『ピディオキシジル』を限界濃度である2%配合した頭皮浸透効率が高いキャピキシル育毛剤です。 また唐辛子の刺激成分カプサイシンと大豆イソフラボンを配合で、IGF-I(毛髪成長タンパク質)を増加させる効果にプラスして毛穴を広げるSPEテクノロジーに応用しています。フィンジアは食物から生成できる因子を活用することにより、低コストと効果反映を両立させることに成功しています。 ◆50mlですので1ヶ月分の使用容量となります。 ◆単品購入では1本12,800円ですが定期購入で9,980円に割引されます。 イクオスサプリEX 46種類の毛髪生成栄養素とアミノ酸を含有 ノコギリヤシをベースに成長因子やアミノ酸等の毛髪生成必須因子を高濃度含有し、海藻エキスFGF-7再生促進因子までも配合した現存最多の含有量を誇る発毛・育毛サプリメントです。 亜鉛やビタミンの含有濃度が高く、毛髪生成エネルギーを効率よく取り込めるために育毛サプリメント初の栄養機能食品認可を受けています。(栄養補助食品の上位ランク食品) 発毛・育毛サプリメント業界に強豪がひしめく中で、これだけの内容を低価格で示せる体制は非常に評価できると思います。 ◆90粒ですので1日3粒計算で1ヶ月分の使用容量となります。 ◆単品購入では1本6,980円ですが定期購入で4,800円に割引されます。 以上が『真・キャピキシルAグループセット』となります。フィンジアもイクオスと同様に、定期購入はいつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。 ■育毛剤FINJIA(フィンジア)単品定期購入…9,980円 ■イクオスサプリEX 単品定期購入…4,800円 1ヶ月あたりの治療費用は14,780円です。 5,人気No,1の圧倒的支持を得る【極・キャピキシルAグループセット】 効果だけでなくユーザー目線の使用感に拘リ抜かれた発毛実績の高いセットです。 『ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)』を配合するキャピキシルAグループの高機能(ハイパフォーマンス)バージョンです。医学界認定実績のある『ボストンスカルプエッセンス』と累計出荷数20万本という驚異的な人気を誇る『BOSTONサプリメント』とをセットにした『毛髪大作戦ブランド』のセット内容です。 お客様の声を何よりも重視するメーカー気質が際立っており、利用された方のAGAアンサーへのご報告でも推薦する声が非常に多い製品類ですので、医療会が認めた高度な信頼性を重視される方に最適な内容と言えるでしょう。 毛髪大作戦Growth Project『BOSTONスカルプエッセンス』 ユーザー目線にこだわり抜いた抜群の配合バランス ピディオキシジルに抗酸化効果がビタミンCの172倍を誇るノーベル化学賞受賞成分『フラーレン』が加えられた、ユーザーの使用感評価が高い大人気キャピキシルエッセンス(育毛剤)です。 配合バランスが徹底的に追求されており、ユーザーの満足度が高く評価されたことで医学専門誌「先端医療と健康美容」に掲載された実績を持っています。ピディオキシジルとフラーレンの作用とキャピキシル成分とが相互的に高次元な発毛環境復元作用をもたらします。 ◆60mlですので約1ヶ月分の使用容量となります。 ◆単品購入では1本14,800円ですが定期購入で最安8,267円になります。 毛髪大作戦Growth Project『BOSTONサプリメント』 開発者自身が頭髪改善を証明したサプリメント 5,000人以上のユーザーからの声を元に、頭髪生成に必要な栄養素を徹底解析して作られたサプリメントです。この経緯から累計20万本以上出荷された本サプリメントは、医学誌「医学と薬学」に掲載された実績を持っています。 BOSTONにはノコギリヤシの他に発毛促進栄養素であるイソフラボンやコラーゲンペプチド、亜鉛を中心に20種以上の成分が入った発毛サプリメントとなっており、髪の生成を考えられた構成から発毛に欲しい成分が効率的に摂取できると言えます。 ◆90粒が1ヶ月分として1箱になっており1日に3粒服用します。 ◆1ヶ月分7380円ですが、定期購入すると最安1ヶ月4826円で購入できます。 以上が『極・キャピキシルAグループセット』となります。BOSTONシリーズは定期購入でするのがお得ですが、休止・解約条件が「3回以上の購入」となりますので定期購入で発注する場合は注意が必要です。 ■BOSTONスカルプエッセンス 単品購入…14,800円 ■定期コース(1本)…12,800円 ■3本ずつ定期コース…24,800円(1本あたり8,267円)※BOSTONアロマシャンプー1本プレゼント付 ■BOSTONサプリ 単品購入…7,380円 ■定期コース(1本)…6,480円 ■3本ずつ定期コース…14,480円(1本あたり4,826円)※BOSTONアロマシャンプー1本プレゼント付 最安定期コースでの1ヶ月あたりの治療費用は13,093円です。 単品でのセット購入の場合は1ヶ月あたり22,180円です。 1本ずつ定期コースでのセット購入の場合は1ヶ月あたり19,280円です。 ※他にもそれぞれまとめ買いコースがあります。 6,進化する本格派バイオ発毛の旗手【キャピキシルBグループセット】 最先端バイオテクノロジーの結晶となるキャピキシルと特濃の有効成分サプリメントのセットです。 最新の注目発毛成分『リデンシル』と毛母細胞生成の肝となる成長因子『馬プラセンタ』を配合する進化した元祖キャピキシルエッセンス『Deeper3D』と、特濃発毛サプリメント『プランテルサプリ』で構成されるキャピキシルBグループセットです。 この組み合わせは非常に強い発毛促進効果を持ち、効果実感の評価も驚異的に高いユニットです。化学的な最新バイオテクノロジー成長因子と最高のサプリメントが組み合わされた、高次元の在宅治療をお望みの方に最適な内容と言えるでしょう。 モンゴ流スカルプエッセンス『Deeper3D』 新成分配合で大幅リニューアルした元祖キャピキシル 元来『馬プラセンタ』をはじめとして『KGF』『IGF』等の細胞生成・活性アミノ酸を含み、最もバイオ技術導入が際立った特徴を持つことで知られる『Deeper3D』は、リデンシルと黒ショウガエキスを新配合し、大幅刷新して生まれ変わりました。 発毛活性を限界まで引き上げるリデンシルとキャピキシルの組み合わせに、多数のアミノ酸成長因子がもたらす細胞生成力がプラスされたことにより、毛根・頭髪再生をもたらす究極の可能性を持つ逸品と言えるでしょう。 ◆60mlですので約1ヶ月分の使用容量となります。 ◆単品購入では1本14,100円ですがまとめ買いで最安10,395円になります。 プランテルサプリ 毛髪生成7種成分に特化した厳選特濃配合 近年スタンダードとなりつつある育毛・発毛サプリメント含有成分の多数化に対し、最も頭髪生成に有効となる成分7種の濃度を上げるという真逆の独自スタンスで実績を上げ続ける非常に評価の高いサプリメントです。 また九州大学・福岡大学と共同開発された「発酵黒生姜」が配合されており、同様のアプローチで黒ショウガエキスが新配合された『Deeper3D』との相性も抜群で、髪の生成が考え抜かれた構成となっています。 ◆90粒が1ヶ月分として1箱になっており1日に3粒服用します。 ◆単品購入では1本8,700円ですが定期購入で6,700円に割引されます。 以上が『キャピキシルBグループセット』となります。『Deeper3D』には定期購入が存在せず、まとめ買いのディスカウントで最大30%OFFとなります。『プランテルサプリ』には定期購入があり、いつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。 ■Deeper3D 単品購入…14,100円 ■3本まとめ買い(1本)…12,620円 ※バリアスルー5mlボトルプレゼント付 ■6本まとめ買い(1本)…10,395円 ※バリアスルー5mlボトルプレゼント付 ■プランテルサプリ 単品定期購入…6,700円 最安での1ヶ月あたりの治療費用は17,095円です。 『Deeper3D』単品でのセット購入の場合は1ヶ月あたり20,8000円です。 『Deeper3D』3本まとめ買いでのセット購入の場合は1ヶ月あたり19,320円です。 7,AGAアンサー推薦!育毛アミノ酸シャンプー 発毛環境土台を作り上げるアミノ酸シャンプーはAGA対策の基本です。 AGAを発症する体質の方に共通する症状が、頭皮皮脂の過剰分泌や頭皮環境の劣悪化といったものです。洗髪は毎日おこなうものですが、ここで大切なことが髪と頭皮にダメージを与えずに毛穴に吸着した皮脂を分解して頭皮と髪を保護するという対策です。 AGAでは必須の対策なのですがシャンプーの部分までは視点が届きにくいこともあり、この対策をおこなわないまま育毛剤治療を進めて「なかなか効果が得られない…」といった結果に繋がることも珍しくありません。 そこで、この項目では天然成分エッセンスとサプリメントと併用することが好ましい育毛アミノ酸シャンプーを数点紹介します。 ※育毛アミノ酸シャンプーはAGA治療で最も基本となる対策ですので、積極的に検討してください。 イクオスブラックシャンプー 炭の洗浄力と海藻成分の圧倒的保水力 頭皮と髪に刺激を与えずに強い皮脂吸着洗浄効果を持つ活性炭をベースに、頭皮と髪に適切な水分を保持して皮脂過剰分泌抑制や雑菌から保護するという海藻成分『スイセンジノリ多糖体』を用いた独自発想で誕生した育毛アミノ酸シャンプーです。 髪も保護するためにベタつきやパサつきが発生せず毛穴の内部まで高い洗浄効果が発揮されるため、洗髪後の育毛剤の浸透効率が格段に向上する非常にお勧めできる製品です。 ◆250mlですので1~2ヶ月分の使用容量となります。 ◆トリートメントとセットで5,980円で購入できます。 モンゴ流スカルプシャンプーEX 脱毛ホルモンを抑制し頭皮を健全化する天然アミノ酸シャンプー 『モンゴ流シャンプーEX』は、髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底研究されて大幅リニューアルされた育毛シャンプーで、頭皮環境を整えるのに有効な成分だけが30種類以上配合されており、新配合成分によって頭皮の奥から毛先までをトータルにケアしてくれます。 過剰皮脂分泌や菌の繁殖を抑える高い洗浄効果はもちろん、頭皮・髪を改善する成分が凝縮されておりボリューム感が出るため洗い心地・仕上がりが完璧といえます。 ◆1本で400mlとなっており、およそ3ヶ月分の使用量です。 ◆シャンプーのみの場合4,980円で購入できます。 双方とも最新の育毛アミノ酸シャンプーとなり、頭皮環境のみならず髪も保護するためにボリュームやスタイリングが決まらないといったトラブルにも対応できます。 各セットと組み合わせることでより高い効果が期待できます。 それぞれの公式ページより自分に合うシャンプーを見極めて選択していただければと思います。 AGAをはじめとする進行性の薄毛は、気づいたときに対処しなければ改善までの時間がますます長くなります。ヘアサイクルの正常化にかかる時間は薄毛化の進行に反比例して長くなっていくからです。薄毛はヘアサイクルが急速に短期化し、毛根が浅くなり髪がどんどん細くなっていく症状です。毛根が浅くなって産毛状態まで進行してしまうと、元に戻すには何度も生え変わりが必要となり、脱毛ホルモンの働きを止めて強い髪をすぐに生成することも難しくなっていきます。 その前に薄毛化のストップをかけることで元通りの髪に戻す確立が跳ね上がるのです。 AGA医療が発達した現在では発毛医薬品による治療が手軽におこなえるようになりましたが、生命や健康を害する症状ではないが故に「あえて医薬品を利用するのは…」という抵抗が発生してしまいがちです。また使用制限がある発毛医薬品は万人がすべて利用できないというジレンマもあります。 今回ご紹介した『天然成分発毛治療』はこのような理由によってこれまで在宅自己発毛治療に取り組めなかった方にも薄毛による人生を狂わされるほどの苦しみを乗り越えていただくためのおおきな契機になるはずです。 そして、使用制限がないことから発毛医薬品との組み合わせ治療も可能だという非常に有益な薄毛改善手法となっています。 このご案内で一番知っていただきたいことは、知識と治療手法を持っていれば自力で薄毛改善に取り組むことが可能だということです。ならば、ここまでご紹介してきた効果の期待できる手法をできることから試してみませんか?対策を延ばし延ばしにすればするほど改善への道のりが長引き遠のいていきます。 まだ間に合います!自力治療スタート決断のタイミングは今です! 【アルガス2グループセット】 【真・キャピキシルAグループセット】 【極・キャピキシルAグループセット】 【キャピキシルBグループセット】 効果の高い発毛医薬品セットページも準備しております。 発毛医薬品は医学的根拠を基本とした臨床結果に基づくAGA治療の最前線を担う薬品類であり、高い頭髪復元率を誇っています。安価となる個人輸入での入手方法や関連法的知識を含め、各薬品の基礎知識から効果的な発毛医薬品セット提案までを別ページにて準備しておりますので、そちらも合わせてご覧くださいませ。 AGAアンサーが勧める『最強最速!AGA克服セット』 AGAアンサーへのご相談はお気軽に AGA治療方法や関連知識について疑問点やわからないことがあれば、遠慮なくご質問ください。 薄毛治療に関しては2008年頃から情報を収集していますし、AGAクリニックの患者担当責任者とも懇意にさせていただいていますので、医院やクリニックでプロペシアを処方するだけの不勉強なお医者さんよりも的確な助言ができる自信があります。 いただいたご質問には必ず返信致しますし、本サイトの情報として取り上げて反映させていきますので、悩まずにご相談いただければ幸いです。悩んで止まっていては道は開きません。まずは行動を起こす意気込みを高く持ちましょう! AGAアンサーへのご質問・ご相談はこちらから 関連記事一覧 圧倒的発毛力の新星!『フィンジア(FINJIA)』 冬のボーナスで薄毛を治そう! 効果的天然成分育毛剤一覧 キャピキシルを超える発毛成分エッセンス!『イクオス(IQOS)』 信頼と実績の結晶!キャピキシル『Deeper3D』

...
10
発毛効果の高い自己発毛方法や育毛剤を紹介!AGAアンサー

専門医師共同開発!『バイタルウェーブスカルプローション』

ミノキシジルの3倍という発毛力を持つキャピキシルエッセンスですが、新たに専門医が開発したC.I.P設計という新技術を用いた『バイタルウェーブスカルプローション』が登場し話題をさらっています。 現在流通しているキャピキシルエッセンスとは構成される配合成分の内容や比重が異なり、天然由来成分が持つ発毛効果を分析強化した最先端テクノロジーがポイントになっているのです。 天然成分育毛・発毛の老舗がキャピキシルに参入 バイタルウェーブスカルプローションは、2016年に登場した天然組成発毛成分「キャピキシル」をベースとする育毛エッセンスとなります。これまでのキャピキシルエッセンスと異なる独自視点の配合成分が注目されており、今後の主力育毛製品となる強い期待が持たれています。 販売元は、活性石ベントナイトの皮脂吸引作用・酸化還元作用・遠赤外線温熱作用を用いた育毛製品『ケフトル』で有名な株式会社セラピュアです。 バイタルウェーブスカルプローションの主な特徴は上記画像でも表現されているとおり、2%含有とする発毛成長因子(アミノ酸)に注力しています。 おそらくこの理由は、セラピュアが持つ長年の活性石ベントナイトによる天然要因発毛研究と効果的に組み合わせることが可能である判断だと思われます。 これまでの実績を活かした天然由来成分が持つ本来の作用に特化した組成といえます。 セラピュアが持つこれまでの育毛研究実績とは まず最初に『バイタルウェーブスカルプローション』を知る上で株式会社セラピュアの育毛研究実績が密接に関連します。 株式会社セラピュアの育毛商品販売歴史は長く、まだインターネットが普及する前より雑誌や新聞広告を用いた積極的な広告事業展開を施し、活性石ベントナイトを用いた育毛製品ブランド『ケフトル』は当時からおおきな話題となっていました。 『ケフトル』は現在でも改良が加えられ第一線の育毛製品として君臨しています。 ◆活性石ベントナイトの育毛作用を発見 元々は磁器等に使用される目的で活性石の採掘がおこなわれていた最中に、髪の薄い作業員の頭髪が次々と復元していることがはじまりでした。 そして、頭についた活性石の粉をそのままタオルで拭いていたことが理由として断定され、本格的に活性石ベントナイトの作用を塩野崎悦朗氏が頭髪育毛のおおきな材料として研究を進めたのです。 ここから20年以上の研究によって異なる作用の鉱石が多数発見され、育毛ブランドである『ケフトル』には数十種類の活性石が育毛に最適なブレンドが施されて製品化されています。そして、この研究は現在でも続行しているのです。 ◆活性石ベントナイトが持つ効能 1,ミネラルの溶出 … 水との融合で微量要素を溶出し頭皮の再生を促す 2,吸着除去作用 … 鉱石の非常に緻密な多孔性が皮脂や汚れを吸着除去する 3,酸化還元力 … 抗酸化作用と復元力を持つ特性が頭皮柔軟性を蘇らせる 4,遠赤外線放出 … 頭皮奥深くに温熱効果が届き血行を活性化させる スタンダードな現代の発毛理論が活性石にすべて凝縮されていたのです。 このために「頭皮の環境を整えて発毛を促す」という現在の発毛理論と合致し、信頼できる天然発毛成分として認識されている理由になっていると思われます。 同様に効能の高い活性石ベントナイトの作用は多様に利用されており、葡萄の木の腐食防止、錦鯉の養殖、豆腐の品質向上、鶏の飼料、リンゴの木の伝染病治療、野菜の土壌肥沃化などで高い成果を収め、その効能と作用が証明されているのです。 バイタルウェーブスカルプローションの構成 前項でセラピュアの活性石ベントナイトを用いた育毛研究について解説しましたが、バイタルウェーブスカルプローションではこの長年培われた学説と技術がふんだんに盛り込まれており、この部分が他のキャピキシル育毛剤との最も大きな違いとなっています。 バイタルウェーブスカルプローションの特徴をおおきく示すと… 1,天然発毛成分キャピキシルを5%封入している 2,高濃度の成長因子(グロースファクター)を封入している 3,新育毛成分『リデンシル』を封入している 4,活性石モンモリロナイトの頭皮環境活性効果 AGAアンサーでは以上の4点に注目しました。具体的に確認してみましょう。 キャピキシル成分とグロースファクター 最初にキャピキシルについて簡単に復習しておきますと、脱毛男性ホルモン生成を抑制する天然草『アカツメクサ花エキス』と細胞修復作用の強いアミノ酸が組み合わされた成分を指し、副作用のリスクが皆無でありながら発毛医薬品ミノキシジルの3倍の発毛力を持つ天然成分発毛エッセンスです。 手軽さと安全性が両立されただけでなく、その高い発毛効果から現在キャピキシルは在宅自己発毛の中核となっており、キャピキシル製品が多数販売されています。 日本では天然成分やアミノ酸製品は薬品外(化粧品)となる法規上の決まりから厳格な薬事法の適応外となり、薬品では不可能となる有効成分の複合が可能となっています。つまり、法規上キャピキシルに他の発毛成分を組み合わせることが可能となっているのです。 各キャピキシル参入製品は他の発毛成分添加で独自性を打ち出しているのです。 ◆成長因子(グロースファクター)の封入 主にこれまでのキャピキシル製品でも発毛成長促進を向上するアミノ酸を販売各社が独自に研究して独自の理論に基づく混合を完成させています。バイタルウェーブスカルプローションも例外ではなく、発毛バイオテクノロジーに基づく高次元な組み合わせがなされています。 ◆馬プラセンタ プラセンタとは英語で胎盤を意味します。人間をはじめとする哺乳類の母体に備わる胎盤は、わずか1個の受精卵を出産までの1年足らずの間に数十兆個の細胞を持った生体にまで育て上げる驚異的な働きを持っています。 近年ではプラセンタが持つ細胞成長成分が注目され、高級女性用化粧品分野でも多く用いられるようになっています。 一般的には安価で収集量の多い豚プラセンタエキスが主流となっていますが… 馬プラセンタは希少価値が高く、アミノ酸含有量が豚プラセンタの300倍という飛躍的に優れた栄養価を持ちます。 馬プラセンタは育毛効果が専門的に知られており、一部の高級育毛サロンにおいて頭皮から直接注入する高額治療がおこなわれているほどです。 馬プラセンタは希少で流通が困難ということもあり、封入されているキャピキシル製品は『Deeper3D』のみでしたが、バイタルウェーブスカルプローションでは最高濃度となる2%を業界初で実現しています。 ◆EGF(ヒトオリゴペプチド1) 53個のアミノ酸が結合したタンパク質の一種で、主に皮膚の表皮層の新陳代謝を活性化させる働きを持ちます。細胞分裂による皮膚生成効果が高めることから、医療現場でも火傷の皮膚再生治療で用いられています。 頭皮の代謝を上げて新しい発毛頭皮土壌へと導きます。 ◆FGF(ヒトオリゴペプチド13) 線維芽細胞増力因子と呼ばれ、肌の再生に重要な役割をもたらすアミノ酸です。主にコラーゲンの生成を司る細胞を活性化させる働きがあり、アメリカでは皮膚の老化を抑制する効果で特許を取得しています。 角質化を防ぎみずみずしい頭皮を導きます。 ◆IGF(合成遺伝子組換ヒトポリペプチド31) 別名「インスリン様成長因子」と呼ばれ、人体の細胞成長(内蔵・神経・皮膚)に大きく関連するアミノ酸です。主に細胞成長におおきな効力を発揮し、生成された新細胞を健常に育成する働きを持ちます。 頭皮と毛母細胞の成長を促進して強い髪を生成します。 最後発ならではの最も効果的な成長アミノ酸にこだわりぬいています。 特に現在非常に注目されており、封入する育毛製品が増えている馬プラセンタをしっかりカバーして成長因子の濃度を高めている努力は非常に評価できると思います。 要注目の新発毛成分『リデンシル』 リデンシルとはスイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発した成分で、キャピキシルやピディオキシジルに次ぐ最新の発毛成分として注目されています。 効果の内容については専門的な領域となりますが、毛髪育成幹細胞であるバルジ領域と毛乳頭線維芽細胞を活性化させて発毛を導く技術となっています。 cosmetic businessが効果の試験結果を公表しています。 ≪資料引用元≫ http://www.cosmeticsbusiness.com/ それぞれ約3ヵ月間リデンシルを使用した結果となっています。cosmetic businessの英文を見る限り、この試験ではリデンシル以外を使用していないようです。3ヵ月使用での結果ですので非常に高い発毛効果が見込める成分であると言えます。 また、別の統計においてミノキシジルとの毛包成長比較結果が示されており、毛髪成長効果がミノキシジルの2倍を示しています。 ≪資料引用元≫ http://skinfab.co/ この試験は使用7日後と10日後に抜毛して毛包の成長を確認する内容となっており、ミノキシジルが7日後から成長がドロップしかけているのに対して、リデンシルは10日後も飛躍的な強い成長力を示しています。 このような非常に高い発毛効果がすでにヨーロッパで評価されており、化粧品原料の世界的な見本市である「in-cosmetics」においてリデンシルは2014年に銀賞を受賞しています。 実はすでに海外で評価を受けていた成分だったのです。 しかし、日本ではハイクオリティな発毛製品化を目指したためにキャピキシルとの混合を目指す研究によって製品化が遅れ、一般に知られるのが遅くなった…と考えられるのではないかと推測しています。今後非常に高い注目を浴びることは間違いない発毛成分なのです。 ※リデンシルについては特集を組み、より細かな詳細を解説する予定ですのでご期待ください。 『モンモリロナイト』による吸着・保湿効果 モンモリロナイトはセラピュアの独自発毛研究の結晶である活性石『ベントナイト』の一種です。 この岩石の特徴は超微粒子の粘土質でマイナスイオンを大量に含んでいるため、水や油などのプラスイオンを吸着して包み込み、薄いフィルム状の皮膜を形成するために乾燥することがありません。 このために人体の皮膚に有効なスキンケア効果を発揮します。 肌や髪を傷めることなく毛穴の奥の汚れや古い角質まで引きつけるような吸着力と、皮膚呼吸を妨げない超薄皮膜が保湿成分の発散を防ぎ、適切な頭皮環境を導きます。 以上の4点がバイタルウェーブスカルプローションの最も特徴的な部分だと感じています。特に活性石を応用した発毛理論は独自のもので、長年の研究成果からフィードバックされた技術と最新の発毛理論とが融合され注目に値すると思います。 数多くの天然スカルプ成分を抽出配合 バイタルウェーブスカルプローションには上記の4点以外にも特筆すべき配合成分が多数封入されています。 ◆バイタルウェーブスカルプローション配合成分 水、エタノール、BG、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、馬プラセンタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、褐藻エキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花・葉・茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ダイズ油、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン-1、ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、リン酸Na、キサンタンガム、塩化亜鉛、フェノキシエタノール 特に注目すべき部分は赤文字で示した配合成分です。(緑文字は上記で解説した成分です。) リンゴ果実培養細胞エキス リンゴ果実培養細胞エキスは「In Cosmetics2008」で「Best Active Ingredients(最優秀有効成分)」を受賞した注目の成分です。 この成分は4ヶ月経っても腐らないと言われるスイス産のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」という品種から抽出される成分で、強すぎる酸味から食用には向かず市場から姿を消し、現存する品種木が20本しか存在しない超希少種です。 近年この成分が細胞再生効果を促すことが研究によって判明し、人培養幹細胞の機能と寿命の増加や老化抑制遺伝子の活性化が各種実験によって明らかになっています。 この効果は京都大学山中教授チームが開発したIPS細胞と非常に類似した作用を持っており、リンゴ果実培養細胞エキスは特に肌や毛母細胞の再生能力に効力を発揮することがわかっています。 植物由来のIPS細胞とも呼べる成分となっており、日本でも一部の高級化粧品や美容業界において利用されはじめてきた注目成分と呼べるのです。発毛・育毛分野での実用化は初となります。 褐藻エキス(FGF-7) この成分は北海道の南茅部地域でしか獲れないカゴメ昆布から抽出される「フコイダン」というエキスのことを指しています。 フコイダンは硫酸多糖の一種で特に粘りの強い昆布に多く含まれており、代謝を活発にする効果から近年は癌治療や高血圧治療の分野でも応用されることが多くなっています。 フコイダンにはFGF-7(多機能性細胞分子)増殖効果があります。 FGF-7は毛髪成長に効果的な作用を促すことが知られており、毛乳頭から毛母細胞の増殖と毛髪の成長が効果的に促されていきます。 FGF-7産生促進にはビワ葉エキスも有名ですが、現在最も産生を活性化させるのはフコイダンとして注目が集まっており、今後の育毛製品への普及が期待されています。 モウソウチクたけのこ皮エキス この成分はアミノ酸を大量に含むモウソウチク(孟宗竹)という種類のたけのこの皮から抽出されるエキスを指します。 別名R-021という化学式でも示されることが見られますが、この理由は含有されるアミノ酸の機能的な部分を研究する上でついた名称であり、多数の有益な効能が見受けられるためです。 髪の組成に近いアミノ酸成分であることから成長促進効果があります。 主に ・毛包組織に働きかけ成長を促進する ・頭皮の水分量を適切な状態に導く ・頭皮常駐菌の過剰繁殖を防ぐ といった髪と頭皮の成長環境に欠かせない効果を持っていることから、近年では育毛アミノ酸シャンプー等の分野でも注目を浴びています。 以上が組み合わされている配合成分のなかでも注目に値する部分であると考えます。天然成分を有効に活用して化学的な発毛アミノ酸を吸収できる配合と呼べるのではないでしょうか。 医療発毛分野主導の発毛エッセンス バイタルウェーブスカルプローションは自律神経研究で第一線の永野剛造医師が監修を手掛けた、医療的側面を持つ共同開発発毛エッセンスです。 永野博士は難治性の脱毛症を独自の観点で数多く治療改善させてきた実績を持ち、その手法は東洋医学に由来する内面の神経活性化という非常にユニークな療法を用いています。 本製品では、東洋医学からフィードバックされる天然成分を中心に組み立て、西洋医学見地のアミノ酸観点からしっかり検証されている成分構成を見事に完成させています。 到達したのがC.I.P理論 効果的な発毛を実現するために、バイタルウェーブスカルプローションでセラピュアと永野博士が組み立てたのがC.I.P設計と呼ばれる独自の技術です。 ◆Compornent【成果追求配合】 これまで解説してきた最新のスカルプ成分配合です。天然組成が持つアミノ酸の効果を最大限に引き出した発毛特化研究の結晶です。 ◆Infiltrate【浸透ブースター】 頭皮の奥に浸透させる効果は最も重視されるポイントです。バイタルウェーブスカルプローションでは頭皮の衛生環境向上と柔軟化という方式で毛根にエッセンスを届ける理論を実現しています。 ◆Protect【頭皮環境保護】 セラピュアがケフトルで培った活性石による発毛技術が用いられています。頭皮の皮脂・水分を活性石成分が除去し、被膜を構築して適切な水分・皮脂量とph値を導きます。 最新の研究・技術とこれまでの研究実績のハイブリッドよって最適な頭皮環境を作り出すことを目的としています。 バイタルウェーブスカルプローションの価格 バイタルウェーブスカルプローションはFINJA(フィンジア)を超えるキャピキシル製品最安値を実現しています。現在流通しているキャピキシル製品と価格の比較をしてみましょう。 1本単品価格(税込)1本定期購入(税込)最安値1本単価(税込) バイタルウェーブ 11,880円8,200~7,980円(定期購入回数ごとに割引)7,980円(定期購入7回目以降) BOSTONスカルプエッセンス 15,984円13,824円8,928円(3本ずつ定期購入時) フィンジア(FINJIA) 12,800円9,980円9,980円 Deeper 3D 14,100円なし10,395円(6本セット) THE SCALP5.0 15,000円10,000円10,000円 最新の発毛理論を実現しながら単品購入でも最もコストが低くなります。 さらにバイタルウェーブスカルプローションでは、定期購入でも返金が可能となっています。定期購入での返金を受付けるのは本製品以外ではフィンジア(FINJIA)のみです。 つまり、お試し感覚でも8,200円という低価格で最新のキャピキシルが試せます。自分には合わないなと感じたら1本目でも返金が可能なのです。 低価格の理由とデメリット ここでバイタルウェーブスカルプローションが、なぜキャピキシル全製品中ここまで価格を落とすことができるのかを分析してみましょう。 基本的にバイタルウェーブスカルプローションはキャピキシルエッセンスです。このために基本的なキャピキシル成分については5%の濃度を持ち、他製品との差異はありません。 他の含有成分について確認すると、Deeper3Dで使用されている有機アミノ酸KGF(IPS細胞の基礎因子)をリンゴ果実培養細胞エキスで代用し、FGF-7成長因子を昆布から抽出するなど天然成分起因のアミノ酸活用が特徴的です。 高額となるバイオ化学因子を植物等から流用するという策でうまく効能とコストの折り合いをつけていると捉えられます。 また、馬プラセンタやリデンシル、フコイダンの濃度が薄めになっています。馬プラセンタ、及びリデンシルは現在Deeper3Dにも添加されていますが濃度が高めになっており、このあたりもコストダウンの一環となっていると推察できます。 このあたりがデメリットとして捉えることもできますが、ここまで解説してきたように数多くの毛髪生成因子を持つキャピキシル製品として、完成度は相当に高いと思います。 副作用がない発毛法をお求めの方や、初めてキャピキシルを利用される方にはコスト面を鑑みても非常にお勧めできると考えています。 バイタルウェーブスカルプローションのまとめ これまでキャピキシル製品は、プラス封入する成分に有機アミノ酸を重視した成長因子(グロースファクター)型と、天然草などから抽出する発毛有効成分を重視した植物由来成分型とで二分化している傾向があります。 バイタルウェーブスカルプローションの場合おおきくは植物由来成分型と捉えることができますが、成長因子の配合率が多数にのぼることから中間型とも呼べると思います。 ざっくりとDeeper3Dの自生植物由来バージョンとも言えるでしょう。 冒頭でもお話ししたように、セラピュアは活性石の育毛研究を専門的におこなってきた歴史を持っています。しかし、最新のバイオ発毛理論と融合させ製品化することは非常に難題であったはずです。 この低価格でここまでの製品に仕上げたメーカーと永野博士の努力は拍手を贈るべきでしょう。 以下より製品情報をご確認いただけます。 バイタルウェーブ スカルプローション 関連記事一覧 冬のボーナスで薄毛を治そう! 金賞受賞キャピキシル育毛剤『THE SCALP 5.0C』 驚愕の生える育毛剤!『ボストンスカルプエッセンス』 『BOSTONスカルプエッセンス』の実践レポート キャピキシル成分頭皮エッセンスランキング

...

このページのトップへ